中古車売買の仕組み

中古車の流通はどのような仕組みになっているのか、また、カーセブンは一般の中古車流通とどこが違うのかを上の図から簡単に説明しましょう。まず、お客様がご自分のクルマを手放すときのほとんどは、新車ディーラー、中古車販売店、買取り専門店などが下取りもしくは買取りをします。そのクルマの多くを通常のお店では業者専門の自動車オークションで売却します。それを別の販売店が購入し、お客様に販売します。しかし、カーセブンの場合はお店で買取ったクルマをオークションには出さず、カーセブン店で直接お客様に販売をします。

 

図を見れば一目瞭然!カーセブンの流通はとってもシンプル!!

ではなぜ、カーセブンは他のお店と違う方法で「買取り」・「販売」を行っているかというと、それはそのほうがお客様により多くの“おトク”を還元できるからなのです。おトクの理由は次に続く!

流通はシンプルな方がダンゼンおトク!

上の図の棒グラフ(左)を見るとわかるように、一般の中古車流通では、買取り(下取り)と販売を違うお店で行うことによって、その過程で余計なマージンが発生し、その結果がクルマを売り買いするお客様に「安い買取り(下取り)価格」と「高い販売価格」としてはね返っています。


もう少し簡単にいうと、オークションでクルマを売却するお店(買取り店)は、オークションでの売却金額よりも安くお客様から買取り、オークションでクルマを買ってくるお店(販売店)は当然買った金額よりも高くお客様に販売します。


ところがカーセブンの場合は、お店が買取ったクルマをお客様に直接販売するので、自動車オークションを利用する他のお店ではかかる余計なマージンをカットすることができるのです。


そのため、他の中古車販売店や買取り専門店とは反対の、「高い買取り価格」「安い販売価格」をお客様にご提示することができます。

 

これがまさに、カーセブンが掲げる「売り買いおトク」です!

下取と買取って違うの?


車を乗り換えるとき、車を購入するお店へ下取りに出されていた方が多いと思います。でも、購入する車の値引き価格が含まれる場合が多い下取り価格って、なんかあいまいだと思いませんか?下取りは、どこまでが値引きで、どこまでが下取りした車両の評価額なのか、ホントのところが見えにくくなっています。そこで、一度買取り査定をして実際の価格はいくらなのかハッキリさせみてはいかがでしょうか。

 

上のグラフのように「下取り」と「買取り」では査定額に結構差があります。

両者を比べてみると下取りよりも、オプションパーツまでしっかりチェックして査定価格に反映させる買取り価格の方が高額な査定が出るケースが多いのです。

 

これまであなたが乗り換えてきた車も、もしかしたらそうだったかもしれません。これから愛車の本当の価格を知っておけば、販売店での価格交渉も有利に進められるかもしれません。


ぜひ下取りとカーセブンの買取りを比べてみてください。